iaf.bmp

池田久美子 決勝進出ならず

世界陸上:走り幅跳び 池田久美子決勝進出ならず

世界陸上選手権大阪大会 第3日。
8/27日 第1部の予選6種目がスタート。
女子走り幅跳びで3大会ぶりの決勝進出を狙う池田久美子
結果は6m42と奮わず決勝に進出できなかった。
(出場29人中の25位)

最後の3回目を跳び終える。
池田久美子は笑顔を作って観客に手を振る。
だがいつもの輝く笑顔はない。
メダルと7mを狙って今大会に挑んだが予選で力を出し切れず敗退。
「自信はあったがこれが力のなさ。悔いが残ります」と涙をぬぐう。

好調でこの日を迎えた池田久美子。
助走距離を普段より80cm伸ばした。
1回目、最適のタイミングで踏み切れず6m39。
2回目以降も「暑さのせいか体がだるくて集中して修正できなかった」と。
3回目。6m42が精いっぱい。
池田久美子の鋭い踏み切りや空中で伸び上がる持ち味は影を潜めた。

昨年 6m86の日本記録を跳びアジア大会も制覇。
今年はあと14センチに迫った大台達成を自分に課していた。
自分に重圧をかけて苦しみながらのシーズン。
無念ながらのぞむ結果は得られなかった。
力を証明する機会は北京五輪に持ち越しに。

世界陸上2007 見どころ

2007年夏 大阪に集まった超人たちが動き出す

・世界新記録が期待される男子100m
・日本勢にメダルの期待が集まる女子マラソン

花形種目は絶対に見逃せませんね。

でも、他にもスルーしてしまうのはもったいない種目がたくさんあるんです。
世界陸上をより一層楽しんでもらうために見所をいくつかご紹介します。 

まずは4×400mリレー。
陸上で最もヒートアップする種目ですね。
第1走以外は一斉スタートではないためペース配分が難しく、
最後の直線で大きく順位が変動することもあったりします。
さながら運動会の学級対抗リレーのような熱がありますね。

「キング・オブ・アスリート」と称されるほど
超人たちのなかで尊敬を集めるのが混成競技のチャンピオン
男子は2日間で十種目、女子は七種目をこなします。
超が3コつくくらいハイレベルな運動能力テストを見ている感じ。
相当圧倒されますよ。

ヨーロッパで特に人気が高い1500m。

これも注目!
「走る格闘技」といわれるくらい熾烈な位置取り。
その熾烈さは女子も同じ。
05年世界陸上では2位でゴールした選手が走路妨害のために失格。
そのくらいハードなんです。
この種目はロシア勢が圧倒的な強さを誇り
今大会でも上位独占を狙っています。

3000m障害。
う〜ん、ちょっと規格外という感じの種目。
障害物が28回、そして水濠が7回待ち構えています。
たいていの選手は水濠に足をかけます。
ところがケニア勢。
この種目にめっぽう強いケニア勢は軽々と飛び越えていくんです。
彼らの走りに脱帽。

一見地味かなぁ〜、と思われる投擲種目。
ところが国が変われば大人気。
例えばやり投げ。
フィンランドでは体育の授業で行うくらいメジャーな競技。
男子の世界記録は98m48。
投げられた槍は落下までに放物線を描きます。
この放物線がまぁエレガントで見ていて退屈しませんよ。

他にもあるのですが、陸上競技にはそれぞれの種目に見どころが満載。
夏の夜に繰り広げられる超人たちの大運動会。
長居陸上競技場では

「うわ、めっさ、すごいわ!」

の声が連発しますやろ。

8/25 世界陸上放送日程

第11回世界陸上選手権大阪大会。
8/25日午前7時。
長居陸上競技場をスタートする男子マラソンで幕を開ける。

8/25(土曜)の放送日程は↓のとおり。

6:00 世界陸上大阪 いよいよ開幕!
男子マラソン

9:15頃 世界陸上大阪
男子砲丸投 予選 
女子7種 100mハードル 
女子3000m障害 予選 
男子100m 1次予選 
女子7種 走高跳 AB 
男子1500m 1次予選 

3:00 世界陸上大阪
男子マラソンハイライト

5:00 世界陸上大阪
開会式
女子7種 砲丸投 AB

7:30頃 世界陸上大阪
男子ハンマー投 予選A 
女子800m 予選 
男子100m 2次予選 
男子砲丸投 決勝 
男子三段跳 予選AB 
男子400mハードル 予選 
男子ハンマー投 予選B 
女子7種 200m 
女子10000m 決勝

10:30 世界陸上大阪
ハイライト

池田 久美子

池田 久美子 東洋の真珠

出場種目
走り幅跳び

2006 専門誌の選ぶ
アスリート・オブ・ザ・イヤー・ジャパン
に輝く活躍を見せる。

・大阪GP女子走幅跳で日本新記録(6m86)
・ヨーロッパ遠征で6m75の国外日本人最高
・ドーハ・アジア大会金メダル(6m81)

今季も大阪GP、ドーハSGPと6m70台で連勝。
ドーハでは06年世界リスト1位(7m12)のタチアナ・コトワ(ロシア)に快勝。
一般種目女子選手初のメダル獲得の期待が高まっている。

733.jpg

池田久美子
かつて天才少女と謳われた。

幼少時から父・実さん(故人)の手ほどきもあり、
走ったり跳んだりすることにその才能の片鱗を見せ付けた。
全国小学生大会の走幅跳に優勝。
全日本中学選手権 3連勝。
中学2年時に6mジャンパーの仲間入り。
3年時には6m19。
これは今も残る中学記録。

高校では体重が増え低迷。
お菓子の無茶食い。
バーンアウト

2年時に父がコーチを務める高校に転校。
競技に集中するがインターハイは3年間勝てずじまい。

福島大入学。
同時にコーチは川本和久氏にバトンタッチ。
助走スピードのアップから取り組み直し。
禁 チョコレート」で体重を戻し、空中フォームもシザースに変更。
2年時に中学時代の記録を更新すると
世界ジュニア選手権ではジュニア日本記録(当時)で銅メダルを獲得。

3年時の2001年。
日本選手権で6m78の学生新をマーク。
エドモントン世界選手権 決勝進出。

2006年に日本記録を更新。
今季はさらに助走スピードのアップを実感しているという。

かつての天才少女。
経験と努力を1つ1つ重ねて今日にいたる。

7mは小さい頃から父の実さんと夢見ていた数字。

その実現に一歩づつ近づいている

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。